法人格の略称について

よくある相談ですが、公益社団法人・公益財団法人・一般社団法人・一般財団法人の略称はどのようにすべきなのでしょうか。

結論としては、以下のようになるようです。

法人格 略称
公益財団法人 (公財)○○財団
公益社団法人 (公社)○○協会
一般財団法人 (一財)△△財団
一般社団法人 (一社)△△協会


というようになるようです。


ややこしいですね。特に(公社)は政府や国の出資する法人たる公社と誤認を起こしそうです。



なぜ、そのような略称になるのでしょうか。
私が知る限り明文の規定はないようですが、内閣府の公益認定等委員会の座談会において、すでに認定を受けた財団や社団の名称を上げており、その記載は(公財)、(公社)と記載されていました。
そのことから考えると、内閣府などにおける略称は上記のとおり、(公財)○○財団、(公社)○○協会、(一財)△△財団、(一社)△△協会となると思われます。
cheap antivirus software
⇒公益認定等委員会委員による座談会のPDFはこちら

これからもちょっとしたことですが、衣目公認会計士事務所として公益認定・一般認可に関する情報を提供していきたいと思います。
よろしくお願いします。

公益法人制度改革(公益認定・一般認可)のサービス

公益法人の決算や申告、会計相談、その他諸々のサービス

料金やサービスの詳細については上記金額をクリックしてください。

765qwerty765

京都・大阪・関西地域の公益法人の運営を支援